CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
レンドフルール
レンドフルール (JUGEMレビュー »)

PSVita(TV対応)版恋愛AVG発売中♪
薄葉カゲロー氏新作
CV:興津和幸/浪川大輔/近藤隆/KENN/杉田智和
RECOMMEND
華アワセ 唐紅/うつつ編 (エンターブレインムック)
華アワセ 唐紅/うつつ編 (エンターブレインムック) (JUGEMレビュー »)

花札をモチーフにしたパソコン版乙女ゲーム第3弾発売中♪
謎解きやタイムループものがお好きな人、幼馴染属性の人にオススメ♪
原画:由良。
CV:福山潤/立花慎之介/日野聡/杉山紀彰/寺島拓篤他
RECOMMEND
アンジェリーク ルトゥール
アンジェリーク ルトゥール (JUGEMレビュー »)

12/17発売予定PSVita版女性向け恋愛SLG/予約受付中♪
元祖アンジェリーク1作目のリメイク版
CV:速水奨/田中秀幸/神奈延年/飛田展男/堀内賢雄/優希比呂/岩田光央/子安武人/関俊彦/逢坂良太
RECOMMEND
Code:Realize ~創世の姫君~ 限定版
Code:Realize ~創世の姫君~ 限定版 (JUGEMレビュー »)

PSVita(TV対応)版恋愛AVG発売中♪
スチームパンクな世界観で、ルパンやホームズをはじめ、サンジェルマン伯爵や吸血鬼等々入り乱れての大活劇♪
メインシナリオ:西村悠。
原画:miko。
CV:前野智昭/諏訪部順一/柿原徹也/森久保祥太郎/平川大輔/梶裕貴/村上和也/小山力也他
RECOMMEND
華アワセ 姫空木編 絢-アヤ-
華アワセ 姫空木編 絢-アヤ- (JUGEMレビュー »)

発売中♪
【華アワセ 姫空木編】の公式ビジュアルブック♪
RECOMMEND
華アワセ 姫空木編 (エンターブレインムック)
華アワセ 姫空木編 (エンターブレインムック) (JUGEMレビュー »)

発売中♪
花札をモチーフにしたカードゲーム+乙女ゲーム第2弾/
CV:寺島拓篤/福山潤/立花慎之介/日野聡/杉山紀彰/水島大宙/鳥海浩輔他
RECOMMEND
華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック)
華アワセ 蛟編 (エンターブレインムック) (JUGEMレビュー »)

発売中♪
花札をモチーフにしたカードゲーム+乙女ゲーム
CV:寺島拓篤/福山潤/立花慎之介/日野聡/杉山紀彰/水島大宙/鳥海浩輔他
RECOMMEND
華アワセ 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
華アワセ 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION) (JUGEMレビュー »)

発売中♪
【華アワセ 蛟編】の公式ビジュアルファンブック♪
RECOMMEND
乙女ゲームシナリオの作りかた
乙女ゲームシナリオの作りかた (JUGEMレビュー »)
西村 悠
発売中♪
【夏空のモノローグ】や【緋色の欠片】でお馴染みのシナリオライター西村悠氏による乙女ゲーシナリオ教本。
RECOMMEND
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (3) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (3) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) (JUGEMレビュー »)
橘 早月
発売中♪
大人気ネット小説待望の文庫化第3巻/
橘早月著/
カバー&イラスト:中嶋敦子
RECOMMEND
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (2) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (2) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) (JUGEMレビュー »)
橘 早月
発売中♪
大人気ネット小説待望の文庫化第2巻/
橘早月著/
カバー&イラスト:中嶋敦子
RECOMMEND
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) (JUGEMレビュー »)
橘早月
発売中♪
大人気ネット小説待望の文庫化/
カバー&イラストは【薄桜鬼】アニメでお馴染みの中嶋敦子氏/
橘早月著/
RECOMMEND
OZMAFIA!!
OZMAFIA!! (JUGEMレビュー »)

Windows版ファンタジー恋愛ADV発売中♪/
[マフィア X オズの魔法使い]がテーマの乙女ゲーム/
主人公フーカ(名前変更可/ボイス有り)は記憶を失くし街を彷徨っていた処をオズファミリーに拾われる。元気で前向きでバカ正直な少女/
攻略対象は,オズファミリーのおおらかなボスで[勇敢なライオン]カラミア,オズファミリーの腹黒Sな相談役で[狡猾なカカシ]キリエ,オズファミリーの寡黙な幹部で[朴念仁なブリキの樵(きこり)]アクセル,グリムファミリーのクールで律儀な幹部[赤ずきんの射撃手]スカーレット等/
企画&シナリオ:ゆーます/原画&彩色:さとい/
CV:花村晃子/新垣樽助/興津和幸/梯篤司/市来光弘/榎木淳弥/野月まさみ/藤井京子/豊島武人/内山由貴/車谷絵里/岡本光右/本田裕之/山口和也/粟津貴嗣/藤波聡/桐本琢也/井口祐一
RECOMMEND
夏空のモノローグ Portable (限定版) (2013年3月発売予定)
夏空のモノローグ Portable (限定版) (2013年3月発売予定) (JUGEMレビュー »)

PSP版夏色タイムループAVG発売中♪/
PS2版からの移植/
タイムループする7月29日に閉じ込められた少年少女達のハートフルストーリー/学園もので,廃部直前の科学部を舞台に物語が展開する/
シナリオ:西村悠/原画:ろく丸/
CV:阿部敦/高橋直純/高橋伸也/代永翼/井上和彦/岡本信彦/水口まつり
RECOMMEND
CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION) (JUGEMレビュー »)
B's-LOG編集部
発売中♪
描き下ろし含むイラストギャラリー+書き下ろしSS+設定画+攻略+スタッフインタビュー等収録
RECOMMEND
RECOMMEND
夏空のモノローグ「オリジナルサウンドトラック」
夏空のモノローグ「オリジナルサウンドトラック」 (JUGEMレビュー »)

発売中♪
待望の【夏空のモノローグ】サントラ盤CD♪
RECOMMEND
カズキヨネ画集 -斬華-
カズキヨネ画集 -斬華- (JUGEMレビュー »)
カズキ ヨネ
原画家カズキヨネ氏の【緋色の欠片】シリーズまでの全作品を網羅したイラスト集♪
RECOMMEND
パレドゥレーヌ 通常版
パレドゥレーヌ 通常版 (JUGEMレビュー »)

Win版プリンセス戦略SLG/人外含め攻略対象35名+やり込み要素満載+セーブ100箇所/
CV:岡本寛志/岸尾大輔/子安武人/谷山紀章/諏訪部順一/羽多野渉/鈴木達央他
RECOMMEND
パレドゥレーヌ公式ガイドブック (B’s LOG COLLECTION)
パレドゥレーヌ公式ガイドブック (B’s LOG COLLECTION) (JUGEMレビュー »)

PC版攻略+イラスト+設定+スタッフインタビュー等を収録
RECOMMEND
金色のコルダ ガイドブック
金色のコルダ ガイドブック (JUGEMレビュー »)
ルビー・パーティー
PSP版の攻略本ですが、PS2版やWin版もこれ1冊あれば間に合います♪
RECOMMEND
コーエー定番シリーズ 金色のコルダ
コーエー定番シリーズ 金色のコルダ (JUGEMレビュー »)

発売中♪/PSP廉価版(クラシック音楽)学園恋愛育成SLG(ファンタジー要素あり)/[コルダ]1作目の廉価版/
全4回のセレクションに向けて楽譜練習と解釈練習に励みながら,42日間でライバル達との恋を育みます/
自由度が高くやり込み要素たっぷり/税込定価1,575円/
CV:谷山紀章/伊藤健太郎/福山潤/森田成一/岸尾大輔/石川英郎/小西克幸/佐藤朱/増田ゆき/水橋かおり
RECOMMEND
Koei Tecmo the Best Zill O'll~infinite plus~
Koei Tecmo the Best Zill O'll~infinite plus~ (JUGEMレビュー »)

男女主人公選択式フリーシナリオRPG【ジルオール・インフィニット+】PSP廉価版発売中♪
RPGですがSLG好きな人にオススメ♪
RECOMMEND
神曲奏界ポリフォニカ Memories White 〜ファーストエモーション〜 初回特典版
神曲奏界ポリフォニカ Memories White 〜ファーストエモーション〜 初回特典版 (JUGEMレビュー »)

Windows版キネティックノベル発売中♪/
記憶を失いメイドとして育った眼鏡っ娘スノウドロップとヘタレな俺様押し掛け精霊ブランカとの絆を描くロマコメ+サスペンス風味のファンタジー/
キャラデザ:きなこひろ/
シナリオ:高殿円。フルボイス/
CV:緑川光/喜多村英梨/及川ひとみ/野田順子/小橋達也/高橋裕吾/羽吹梨里/粕谷雄太
RECOMMEND
神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト (JUGEMレビュー »)
高殿 円, きなこひろ
『ポリ白』小説版第1巻♪/
記憶を失いメイドとして育った眼鏡っ娘スノウドロップとヘタレな俺様押し掛け精霊ブランカとの絆を描くロマコメ+サスペンス風味のファンタジー/
高殿円著&きなこひろ画
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SWAN ?白鳥? モスクワ編 4
SWAN ?白鳥? モスクワ編 4 (JUGEMレビュー »)
有吉 京子
発売中♪
【SWAN モスクワ編】コミックス完結編。
RECOMMEND
まいあ Maia SWAN actII4
まいあ Maia SWAN actII4 (JUGEMレビュー »)
有吉 京子
第一部完結編発売中♪/
【SWAN】の真澄とレオンの愛娘まいあが主人公のバレエ漫画
RECOMMEND
SWAN 白鳥 愛蔵版 第12巻
SWAN 白鳥 愛蔵版 第12巻 (JUGEMレビュー »)
有吉京子
バレエ漫画の名作完結編/真澄とレオンの後日談描き下ろし♪
RECOMMEND
マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)
マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
甲田 光雄
私が20キロ減量に成功した朝食抜き健康法のコミック版/
無理をせず自分に合ったものだけ取り入れると長続きします/
お金が掛からずに手軽に出来るのでオススメ♪
RECOMMEND
ミヨシ 無添加 せっけん泡のボディソープ ポンプ 500ml
ミヨシ 無添加 せっけん泡のボディソープ ポンプ 500ml (JUGEMレビュー »)

うちの家族はシャンプーもこれ1本で済ませていますが、アトピーに悩まされる事がなくなりました。
RECOMMEND
無添加せっけん泡のボディソープ 5000ml
無添加せっけん泡のボディソープ 5000ml (JUGEMレビュー »)

コストパフォーマンスのいい5L詰替え用/
ハンドソープやシャンプー、食器洗いにも使えます♪
RECOMMEND
arau. アラウ 泡コンディショナー 本体 500ml
arau. アラウ 泡コンディショナー 本体 500ml (JUGEMレビュー »)

液体せっけんシャンプー用のコンディショナー。泡で出るのが便利で気に入ってます♪ 天然のほのかな香り。
RECOMMEND
無添加 ベビーの肌着洗いせっけん 800ml
無添加 ベビーの肌着洗いせっけん 800ml (JUGEMレビュー »)

ウールやシルク以外の洗濯は、大人用にもこれが重宝しています♪
ボトルがユニークで使い易いです。
RECOMMEND
パックスナチュロン 衣類のリンス 610ml
パックスナチュロン 衣類のリンス 610ml (JUGEMレビュー »)

液体洗濯石鹸用のリンス
無香料では物足りない時に、
優しい香りが気に入ってます♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【デス・コネクション】フルコンプ後の感想♪(ネタバレ注意)
発売日からプレイしていた【デス・コネクション】PS2版ですが、1枚だけ埋まっていなかったスチル(CG)を回収、ようやくフルコンプを終えました♪

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
ジャン(CV:星野貴紀さん)ED後にもう一度最初から本編をプレイすると、ジャンとダレン(CV:尾崎淳さん)の会話イベントが追加され、二人が酒を飲むスチルが出現しました。
更に、ジャンED後の画面に表示されるヒント通り、もう一度最初からプレイして名前入力時に『NGしゅう』と入力すると、おまけのNG集とゲームクリアのお祝いメッセージ入りスチルが見られます♪
NG集は正直微妙でしたが、ジャンの照れ顔が見られたのが収穫かな?^^;
本編中のとあるイベント2本に登場するキャラ達が全員照れ顔でシナリオが進行する、というものでした。
ダレンだけは照れていなかったような気がしますが^^;

あと、メディシスがセルビアを冷たくあしらうイベントもありました。
メディシスは『裏のボス』なんだそうで(;^_^A
私的には、レオが2代目を継いで、メディシスが裏で暗躍するようなシナリオも見てみたかったなぁ(^-^;

他に、プロフィール欄ではキャストインタビューが聴けるので、全員まとめて聴きました。
『自分が演じたキャラと自分との違い』と『自分のキャラが身近にいたら?』という2つのお題で各声優さん方が答えて下さってるんですが、私的には『キャラとの共通点』とか『自分の役について』とかの方が聴きたかったなぁ。
質問内容が微妙でした。

ともあれ、これでフルコンプ完了という事で、感想などまとめてみますと、

★私的キャラ萌え度とキャラ別寸評
ニコラス(ニコール)>グロリア≧メディシス≧ジャン>ヴィシャス>レオナルド>ルチアーノ>>>ヨシュアの順。
(ニコラス)
思いがけない純愛物語に感動、ニコの真心が感じられた。 正面向きの立ち絵がとても好みだった。 ヘタレキャラは苦手なのに、終盤はなかなかカッコ良くて惚れた。
(ニコール)
癒し系orギャグ担当。 ニコールが登場するだけで場が和むムードメーカーで、大好きなキャラに♪
(グロリア)
苦手な眼鏡キャラなのに、かなり萌えられた。 硬派キャラかと思いきや、ファミリーで一番手が早いとは^^; ニコラスED後の後日談で兄弟愛を見せてくれたのもポイント高し。
(メディシス)
やはり苦手な敬語キャラなのに、正面向きの立ち絵が非常に好みだった事もあって、かなり萌えられた。 もっと彼の策士ぶりが見たかった。
(ジャン)
一目惚れ(笑)。 セクシーな外見と低音ボイスで、非情なキャラかと思えば、時折見せる人情味がいい。 アメリアが死ぬ時のスチルのジャンの表情が良かった。
(ヴィシャス)
立ち絵がとても好みで、特に正面向きの目が天野喜孝さんの絵に似ていて、素敵だった。 ツンデレキャラだけあって怒りっぽいのが玉に傷。 戦闘シーンは特にカッコ良かった♪
(レオナルド)
年下だけど冷静で賢くて精神的に大人っぽいキャラというのが良かった。 終盤の戦闘シーンがとてもカッコよくて、スチルも綺麗なのが多かった。
(ルチアーノ)
素敵なスチルが多かった。 プレイ前は苦手だったけど、プレイ後は好きになれた。
(ヨシュア)
神父にあるまじき偏見の持ち主で、アメリアへの病的な執着と横暴ぶり、自己中心的で子供っぽい言動等々、何もかもが苦手。 正面向きの立ち絵が不気味に見え、彼のルートは苦痛だった。


★良かった点
1.1960年代のイタリア、マフィアと死神、といった世界観や設定がとても魅力的で、好みだった。
2.キャラが皆立っていて、魅力的なキャラが多く、プレイ前は然程興味がなかったキャラもプレイしたら好きになったり、と意外性もあった。
3.音楽がレトロな雰囲気の世界観に合っていて、どの曲も素晴らしかった。
4.シナリオが面白く、フルコンプするまで飽きずに楽しめた。

5.攻略対象が7名+隠しキャラと少な過ぎず多過ぎず、人数的に丁度良かった。
6.おまけ要素がたっぷりあり、充分満足出来た。
7.システム面では、お馴染みのクイックセーブ&ロード&巻き戻しや高速既読スキップ、バックログ、愛キャッチシステム等、快適にプレイ出来た。
8.一人攻略する毎に、次の周でイベントが追加される点。

9.グラフィックが全般的に綺麗で、特に立ち絵は満足出来た。
10.キャラ毎に、スチルコンプとアイテムコンプによって追加イベントが見られるなどサービス満点だった。
11.プロフィール欄で、声優インタビューが楽しめる点。
12.音楽鑑賞機能がある点。
13.スチル付きイベントに回想モードがある点。

14.ニコラス、グロリア、メディシス、ジャン、ヴィシャスに萌えられたこと。
15.キャラ達の掛け合いが楽しく、特にニコールがとてもいい味を出していた。
16.レオナルドルートとルチアーノルートは、スチルが綺麗で満足出来るものが多かった。
17.全体的にボリュームたっぷりで、長時間楽しめた。
18.初回プレイに約15時間と【薄桜鬼】並み、2周目以降は7時間〜10時間半程で、シナリオの長さも丁度良かった。


★悪かった点
1.私的にヨシュアの性格&言動が受け付けなくて、特にレオナルドとの2人ルートをプレイするのが苦痛だった。
2.見せ場のはずの死神としての能力『狩る力』を発揮するシーンの演出が分かり難くて、物足りなかった。
3.スチルにばらつきがあり、特に最萌えのニコラスやメディシスのスチルに満足出来るものが少なかったのが残念。
4.個別ルートで時々立ち絵と違いすぎるスチルがあり、違和感があった。

5.肝心のエンディングスチルと後日談のスチルに微妙なものが多かった(メディシス、ヴィシャス、ニコラス、グロリア)。
6.攻略対象8名に対して、セーブ12箇所で全然足りない。
7.クイックセーブ時に一々確認メッセージが出るので、余計な操作が必要となり、『クイック』とは言えない点。以前のシステムに戻して欲しい。

8.声優インタビューの質問が微妙だった。
9.制作中に設定変更&ライター交代があったせいか、雑誌等の事前情報と違う点も多く、スリル&サスペンス要素の方は物足りなかった。
10.ルチアーノだけ悲恋EDしかない点。
11.コンタクトハートシステムが初期設定と違い、キャラボイスやラフ画を集めるだけで、ストーリー展開に影響しなかった点。

大体こんな処でしょうか。
私的に苦手キャラはいたけれど、全体としてかなり楽しめてキャラ萌えも出来たので、満足度は100点満点で85点位かな。

次は、予約している2月5日発売の【GARNET CRADLE】ファンディスクが届くまでに、プレイ途中の【ダテガメ】DS版を何とか終わらせたいと思っています♪

GARNET CRADLE sugary sparkle
GARNET CRADLE sugary sparkle

ダテにガメついわけじゃねェ! ~ダンジョンメーカー ガールズタイプ~
ダテにガメついわけじゃねェ! ~ダンジョンメーカー ガールズタイプ~

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 21:15 | comments(0) | - |
【デス・コネクション】全キャラクリア♪(ネタバレ注意)
プレイ中の【デス・コネクション】PS2版ですが、ようやく隠しキャラ含め全キャラのエンディングを見終わりました♪

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
先ずレオナルド(CV:岡本信彦さん)EDですが、彼は年下だけど冷静で賢く(精神的に)大人なキャラで、時々助詞を省く独特の喋り方も良かったです♪
良くも悪くも、ボスの『跡継ぎ』として育てられたんだなぁと思いました。
そして、メディシスが記憶を取り戻すと、レオ君をボスとして扱うようになるのが印象的でした。

しかし、5章からヨシュアとの二人ルートなので、ヨシュアの絡みが多く、ヨシュアのアメリアへの執着ぶり&あまりのしつこさに辟易し、途中で耐え切れずヨシュアだけ音声オフにしてしまいました(汗)。
せっかく好みのお声なのに……残念。
立ち絵の方も、正面向きのヨシュアが登場すると目を逸らしながらプレイしました。
ヨシュアはやはりヤンデレキャラですね。
義兄という好みのポジションよりも、病的な執着ぶりに引く気持ちの方が強く、兄というよりは寧ろ、口やかましいお父さんみたいに見えました。
逆に、【ラブレボ】のお兄ちゃんや【遙か3】の譲君等が好きな人なら、楽しめるかも?

それはさておき、レオ君はアメリアとは従姉弟同士(アメリアの父の妹の息子)なので血の繋がりはあるのに、その事には特に触れられていないのが惜しかったです。
あと、レオルートでは早々とレオの死神としての能力『才能を狩る力』を発揮して、他の死神達が皆地獄へと戻ってしまい、レオとヨシュアとアメリアの3人暮らしになってしまうので、他のルートに比べてちょっと淋しい気がしました。

また、レオ君の年齢について、レオルートプレイ中に「16歳で死んだから今は19歳」というセリフがあったと思えば、7章では「僕はずっと15のまま」というセリフもあって、享年15歳なのか16歳なのか混乱しました。
プロフィール欄を見ると『16歳』になってるし、取説や公式サイトでは『15歳』になってますね。
一体どっちが本当?^^;
もっときちんとチェックして、統一して欲しいです。

レオルートは、スチルが特に綺麗なものが多かったです。
エンディング内容もレオ君らしくて満足出来ました。

メインキャラ7人をクリアした時点で、タイトル画面に『ジャンルート』が追加されました。
ジャンルートは全6章で、今まで細切れで見ていたシーンが繋ぎ合わされ、ジグゾーパズルのように一つに収まって、謎がスッキリ解明されて行くのが快感でした。

若い頃のダレンがなかなか魅力的で、『カリスマ的なボス』というのも頷けます。
ただ、やはり人が好過ぎて、マフィアのボスには不向きなのでは?とも思いました^^;
最愛の女性キーラを殺された怒りと憎悪で、ジャンとの契約に至るダレンというのも充分納得出来ました。
ダレンに比べたら、グィードの憎悪が足りないというのも理解出来ます。

このルートでは、人間の感情が今ひとつ理解出来ないジャン(CV:星野貴紀さん)が、アメリアと二人で暮らすうちに、徐々に新しい感情に目覚めて行きます。
そして、ヨシュアに対して初めて嫉妬を覚えるジャン。
アメリアは、他のルートに比べると強気な感じがしました。

エンディングでは、ジャンのコールで死神全員が一度に召喚され、記憶も失っていないというのが『おおっ!!』という感じでした♪
でも、肝心のアメリアが死んでしまうというのは、やはりちょっと残念。
ジャンがアメリアを『かけがえのない存在』だと認識するには、必要なイベントだったのだとは思いますが。

エンディング後に見られる後日談イベントで、アメリアの手紙を読むジャンが初めて見せる涙が感動的でした。
転生したアメリアが漠然とした懐かしさを感じるのも良かったです。
その後、アイテムコンプで見られるおまけイベントでは、ジャンの『俺のファーストキス』発言に爆笑(o_ _)ノ彡☆
メディシスは御愁傷様です(;^_^A

ともあれ、ジャンはセクシーで低音ボイスも素敵だし、ジャンルートは期待以上に楽しめました♪

さて、アイテムコンプは完了しましたが、スチルの『その他』があと1枚だけ埋まっていないので、フルコンプ目指して頑張って来ます♪

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 15:49 | comments(2) | - |
【デス・コネクション】悲恋で切ないルチアーノED(ネタバレ注意)
プレイ中の【デス・コネクション】PS2版ですが、その後6周目を終え、無事ルチアーノ(CV:森川智之さん)EDをクリアしました♪

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
ルチアーノはタラシ系キャラなんですが、ゲーム中に『グロリア(CV:安元洋貴さん)が一番手が早い』とかいう台詞があってビックリ。
えーっ! ルチアーノじゃなかったの?
ニコラス(CV:川田紳司さん)も元ジゴロだし、「さすがイタリア男!」と思いました(;^_^A
でもルチアーノもニコラスも主人公アメリアには意外に真面目で、プラトニックラブのままエンディングを迎えました。
まぁ、さすがに『ボスの娘』にはおいそれと手を出せないのかも?

それはともかく、ルチアーノは生前ボスを裏切って死に追いやった人物だからなのか、他のキャラとは違ってアメリアとこの世界で一緒に暮らす事は出来ませんでした。
アメリアにとってはルチは父の仇でもあるので、ハッピーEDを迎えられないのも仕方ないかなとは思うんですけど、一人だけ悲恋EDというのはやっぱり残念です。
ルチがこの世界で罪を贖う姿も見てみたかったなぁ。

ルチはヴィシャス(CV:鈴木達央さん)同様ストリートチルドレンとして育ち、『自分が嫌いだ』というルチにアメリアが『自分を好きになって』とお願いするエピソードや、『誰も好きになった事がない』ルチが最後にアメリアに『愛しているよ』と言って消えて行くシーン等なかなか感動的で切なかったです。
唯一の救いは、ルチがアメリアと出逢えた事で、生前得られなかった『人を愛する心』を知る事が出来たこと、でしょうか。
『死神』として蘇った甲斐があったと思うし、ルチの為に「良かったね!」と言ってあげたいです。

そして、一度はボス&ファミリーを裏切ったルチですが、自分がクラウディアに騙されていたと分かった途端、昔馴染みのヴィシャスを庇って死んだり、アメリアを嫌いだと言いながら、これまた咄嗟に庇って重傷を負ったり、本当は優しい人なのに、自分で自分の気持ちに気付いていないような処が彼らしいです。

さて、今回もニコラスルート同様、1回でスチルが埋まらなかったので、途中セーブからリロードして回収しました。
オペラに行く前に、ヴィシャスとドレスを買いに行くかどうかで劇場でのアメリアの衣装が変わるので、それによってルチに庇われるスチルに差分があります。

スチルコンプ後に出現する後日談イベントでは、ルチが地獄でヴィシャス達と和気藹々の賑やかな日々を過ごしている様子が笑えました(^o^)
【デスコネ】の世界では、天国も地獄も大して変わりがないような?^^;
本当にどう違うんだろう?(笑)

アイテムコンプ後のおまけイベントでは、とある賞品目当てに激辛料理を平らげる『ガマン大会』が見られました。
今回、ついでにヴィシャスの取り損ないアイテムを回収し、ヴィシャスのおまけイベント『なりきり大会』も観る事が出来ましたが、抱腹絶倒しました(^o^)
ニコールの真似をするヴィシャスの演技が見物です♪(笑)

さぁ、次は最年少のレオナルド(CV:岡本信彦さん)狙いで7周目行って来ます♪

なお、ルチアーノEDのプレイメモ(選択肢)を【記録に挑戦!☆携帯版】にUPしました。

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 23:13 | comments(0) | - |
【デス・コネクション】義兄属性でも微妙だったヨシュアED(ネタバレ注意)
女性向け恋愛アドベンチャーゲーム【デス・コネクション】PS2版の5周目プレイを終え、無事ヨシュア(CV:堀江一眞さん)EDを迎えました♪

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
ヨシュアとは主人公アメリアが赤ちゃんの時から兄妹のように育った間柄なんですが、アメリアがヨシュアを兄としか見ていないのに対し、ヨシュアの方はアメリアを一人の女性として見ています。
義理の兄または兄代わりの存在という設定は私にとって大好物のはずなんですが、ヨシュアの性格や言動が22歳の神父にしては子供っぽくて自己中心的過ぎるせいか、残念ながら今回はキャラ萌え出来ませんでした。
二人ルートの一方のレオナルド(CV:岡本信彦さん)が年下なのに冷静で大人っぽく見えるので、レオとの対比で余計ヨシュアの子供っぽさが目立ちました。

また、ヤンデレまでは行かないものの、こういう束縛&嫉妬系のキャラはどうも私には鬼門のようです。
ちょっと【ヒイロノカケラ】の大蛇凌と似た処があるので、【ヒイロ】で凌さんに萌えた人にはオススメかも。
最近こういう系統の兄(的)キャラが多い気がしますが、私的には【怪盗アプリコット】の草兄のような天然系or【ファンタスティック・フォーチュン】のセイリオス殿下のようなクール系、【Siesta~すすき野原の夢物語】の涼兄のような大人で優しい兄キャラがもっと増えて欲しいです。

ヨシュアの場合、両親をマフィアに殺されたからマフィアが嫌いなのは解りますが、凡そ神父らしからぬ偏見の持ち主で差別発言が目に余るのと、酒豪な上おまけイベントではカジノにまで手を出したりと、どう見ても神父には向いていないというか、『適性ゼロ』と言わざるを得ません。
小さい時から神父に憧れていたようですけど、どうして神父になりたかったのか疑問です^^;

あとメディシス(CV:興津和幸さん)やニコラス(CV:川田紳司さん)とは逆に、ヨシュアの斜め向きの立ち絵は好みなんですが、正面向きの立ち絵(特に口元)が微妙で、ビジュアル面でも今ひとつ萌えられませんでした。

そして、エンディング&後日談イベントでは転生したアメリアに過去の記憶が何一つ残っていないのが辛かった!
少しでも想い出せればまだ救いがあったのですが……。
転生後のアメリアとヨシュアとのウェディングスチルを見ても、別の女性と結ばれたヨシュアを見ているようで、感情移入出来ませんでした。
ヨシュアの方は満足しているみたいですが、アメリアが可哀想というか、攻略の意味がないような。

それにしても、最後はヨシュアまで『死神』になってしまって、これで『七つの大罪』が揃う事になるとは思いも寄りませんでした。

もう一つ気になったのは、二人ルートでレオの秘密が分かってしまい、レオを攻略する楽しみが減った事。
なので、これからプレイする人は、ヨシュアより先にレオナルドを攻略する事をお勧めします。

アメリアとレオとは義姉弟になる訳ですが、従姉弟でもあるんですよね。
だったら、『ニュクスの石』か『エレボス』さえあればレオも『コール』出来るのかな?
それとも『死神』ではなく『人間』じゃないと駄目なのかしらん?
う〜ん、謎です。

さて、レオも気になりますが、次は先にルチアーノ(CV:森川智之さん)を攻略したいと思います。

なお、例によってヨシュアEDのプレイメモ(選択肢)を【記録に挑戦!☆携帯版】にUPしました。

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 16:33 | comments(0) | - |
【デス・コネクション】恋愛過程が丁寧で切ないグロリアED♪(ネタバレ注意)
プレイ中の【デス・コネクション】PS2版ですが、その後4周目を終え、ファミリーのナンバー3・グロリア(CV:安元洋貴さん)EDを迎えました♪
(ちなみに、ナンバー1は亡きボスで、ナンバー2はメディシス。)

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
グロリアは私の苦手な眼鏡キャラなんですが、思った以上に楽しめました。
主人公アメリアが恋に目覚める過程の描写が丁寧で良かったですし、グロリア&ニコラスの兄弟愛もなかなか感動的でした。
ニコラスルートでは兄弟の血縁関係が曖昧でしたが、グロリアルートで父親が同じ異母兄弟だと判明します。
そして、ニコール&ニコラスやヨシュアなど他のキャラとのやり取りも可笑しくて、萌え転がりました(笑)

『死神』とはコールにより地獄から蘇った存在で、影が無く、鏡に映らず、(既に死んでいるので)死ぬ事もなければ年を取る事もないという設定なので、どのキャラもちょっと切ないエンディングですが、キャラによって結末が少しずつ異なるのもいいです。

グロリアの場合、彼のアメリアへの未練が強かった為に、地獄での魂の鎖を自ら断ち切り、地獄に戻る事無くこの世界に留まる事になります。
無限の時間を与えられたグロリアは、アメリアが寿命を迎えた後も一人この世で不死身の『死神』として存在し続けなければならない訳ですが、彼の死神としての能力『時間を狩る力』を駆使して、彼とアメリアとの幸せな時期を繰り返しループさせているといった内容でした。

年を取らない設定というと【Apocripha/0】Windows版&PS2版の長命EDを想い出したり、寿命の違いについては【水の旋律】PS2版などを連想しますが、やはり切ないテーマですね。

また、グロリアは32歳でアメリアが17歳という事で歳の差も結構ありますが、グロリアの外見が割と若々しい事もあって、あまり歳の差カップルという感じはしませんでした。
安元さんの低音ボイスも痺れます♪
【エーデルブルーメ】のヴィクトル役や【プリンセス・ナイトメア】のお父様&メフィスト役でお馴染みの声優さんですが、ホントにいいお声だなぁ。
前回書きそびれたニコラス&ニコール役の川田紳司さんも、子安武人さんに近いトーンのこれまた魅力的なボイスでした。

スチルは綺麗で惹かれるものが多い一方、一部スチルでは立ち絵とのギャップを感じたりもしました。
グロリアが眼鏡を外したスチルが複数あるのは歓迎なんですが、キススチルはグロリアに限らずイマイチでした。
でも総合的には、どのキャラも魅力的でシナリオが面白くて惹き込まれるし、萌えも盛り沢山で満足しています♪
キャラルートを一つクリアする毎に、少しずつ謎が解けるのも良いです。
音楽も凄く良くて、ちょっとレトロな洋画を観ているような雰囲気です。

さて、次は兄代わりのシスコン神父ヨシュア(CV:堀江一眞さん)狙いで5周目行って来ます♪

なお、グロリアEDの選択肢を【記録に挑戦!☆携帯版】にUPしました。

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 16:22 | comments(2) | - |
【デス・コネクション】思わぬ純愛物語に感動したニコラスED♪(ネタバレ注意)
プレイ中の【デス・コネクション】PS2版ですが、その後3周目プレイを終え、無事ニコラスEDを迎えました♪

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
先ず4章まではニコール(CV:川田紳司さん)優先で、ニコラスの異母兄グロリア(CV:安元洋貴さん)の好感度も上げて行きました。
5章からニコールとグロリアの二人ルートに入り、6章辺りで好感度欄のグラフィックがニコールからニコラスに変わり、7章になるとニコラス&グロリアルートになり、8章からニコラスルートに入りました。

ニコールも捨て難いキャラで、あのユニークさが大好きだし随分笑わせて貰いましたが、ニコラスの場合は3章終わりで初登場以来、しばらくの間は怖くて近寄り難い雰囲気のキャラで、他キャラ攻略時にはニコラスに然程魅力を感じていませんでした。
それが、二人ルートに入ってからがらりと印象が変わりました。

生前のニコラスはジゴロでヘタレなマフィアでしたが、兄の影でしかない自分に不満を持っていました。
自分がグィードの女クラウディアに殺されたという事を兄に伝える為に、クラウディアを象ったニコールの姿でこの世に死神として復活しますが、これは予めジャンから復活時に記憶が一時的に失われると聞いていたのかな?
それで大事な事を覚えていなくても、姿を見て思い出せるようにしたのかなと思いました。

そしてニコールが自分の死んだ時の記憶を取り戻すと、時々ニコラスの姿でいられるようになり、やがて常時ニコラスの姿になるのかと思いきや、二人に分裂したのにはビックリ!
う〜ん、『死神』とは魂が具現化された存在なんでしたっけ?

ルチアーノ(CV:森川智之さん)がタラシ系なので被らないようにしたのかも知れませんが、『死神』として復活したニコラスは元ジゴロとは思えない程、主人公アメリアを大切にしてくれます。
ヴィシャスやメディシスは手が早かったけど、ニコラスはそんな事はありませんでした。
そして汚れた自分にはアメリアに告白する資格がないと考える謙虚さも意外でした。
謙虚過ぎて、エンディングではアメリアの『思考を狩って』ニコラスへの恋心を忘れさせてしまい、結果彼女を悲しませる事になるのですが、スチルコンプ後に見られる後日談イベントでは素敵な結末が待っていました♪

エンディングを迎えた後、スチルに空欄があったので、もう一度最初からプレイしてみた処、4章に入って間もなく既読スキップが止まり、ニコールとニコラスの追加イベントがあって新規スチルをGET、ようやく後日談イベントを見られるようになりました。

グロリアの『時間を狩る』能力と、彼がジャンを説得してくれたお蔭で、ニコラスはアメリアの傍にいられる事になりますが、働いた経験がなさそうなニコラスとこれからどうやって生活して行くのか気になります(;^_^A

それはともかく、手作りの指輪やらニコラスのアメリアに対する態度からも、彼の真心が痛い程伝わって来て、心温まる素敵なエンディングでした。
あと、メディシス同様ニコラスも正面向きの立ち絵がとても素敵で好みでした♪
ニコラスEDを見終わって、現在の最萌えはニコラスになりましたが、これは全くの予想外でした!

次はグロリア狙いで、既にニコラスのスチル回収を兼ねて4章プレイ中です。

なお、ニコラスEDの選択肢を【記録に挑戦!☆携帯版】にUPしました。

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 22:59 | comments(0) | - |
【デス・コネクション】元貴族の金髪紳士メディシスEDクリア♪(ネタバレ注意)
しばらく中断していた【デス・コネクション】PS2版ですが、その後ようやく2周目プレイを終え、無事メディシス(CV:興津和幸さん)EDを迎えました♪

デス・コネクション(限定版:「設定原画集」同梱)
デス・コネクション(限定版:「設定原画集」同梱)
先ず、最初から序章も飛ばさずプレイしてみた処、2周目での追加イベントが盛り沢山で、初回プレイでの数々の謎がかなり解明され、満足出来ました。
後はメディシスのセリフを拾いながら既読スキップも駆使して、序章+全10章で約10時間半程掛かりました。

メディシスは1周目では攻略不可能ですが、誰か一人グッドEDをクリアすると攻略可能になるようで、好感度を確認する画面ではヨシュア(CV:堀江一眞さん)の下に追加されます。
メディシスだけは二人ルートがなく、5章からメディシスルートに入ります。
コンタクトハートシステムもメディシスは3回もありました。

プレイ前はメディシスの斜め向きの立ち絵がどちらかと言うと苦手だったんですが、プレイしてみたら正面向きの思案顔の立ち絵がとっても素敵でツボに入りました♪(*^^*)
ファミリーのナンバー2で策略&財政担当のメディシスは、過去の精神的なトラウマから女性に触れると気絶してしまうという厄介な病を抱えています。
主人公アメリアとの恋愛過程が結構丁寧に描かれていると思うんですけど、メディシスのトラウマと気絶との関連性がイマイチ説得力に欠ける感じがしました。
もうちょっと他の原因にした方が良かったような……。

大人な会話シーンは今回も頻繁にあって、色々と赤面ものです^^;
何しろニコール(CV:川田紳司さん)がアメリアとメディシスの相談役だったりするのでギャグチックですが、こう何か居た堪れないセリフが多いんですよね〜(;^_^A
アメリア(1954年生まれ)が教会育ちの純真な箱入り娘なので、まぁ仕方ないかといった処です。
ちなみに、ニコールの恋のアドバイスは殆ど役に立ちません(笑)
それはまだしも、ニコールに相談すると秘密が守られないのは困りもの^^;
マフィアだって、そこまで口が軽かったら、身内にも信用されないのでは?(^-^;

会話だけでなく、メディシスルートは糖度も高かったように思います。
スチルは差分含めずに11枚あって綺麗なんですけど、顔が微妙に似ていないと思えるものも何枚かありました。
エンディングはヴィシャス(CV:鈴木達央さん)同様切なさの残るハッピーEDで、スチルをコンプすると後日談イベントが見られるのが良かったです♪

終盤、メディシスの死神としての能力『存在を狩る力』が明らかになりますが、その能力を行使する場面があまりにもあっけなくて、物足りなさを感じました。
まぁ一撃死的な能力なので、長く描きようがないのかも知れませんが、もうちょっと何か描写が欲しかったなぁ。

ジャン(CV:星野貴紀さん)はヴィシャスルートよりも非情な面が目立ちましたが、最後にダレンの姿になってしまったのには吃驚しました(;^_^A
今回、ヴィシャスルートとは全く異なる展開だったので、最後まで飽きずに楽しめました。

それと、2周目にしてお気に入りの曲が幾つも出来、幸い音楽鑑賞機能が付いているので、好きな曲をリピートして聴いています。
メインテーマは勿論ですが、グロリアのテーマやヨシュアのテーマ、ジャンのテーマと『涙を拭いて』という曲が特に気に入ったので、サントラ盤が欲しいです。
このゲームのBGMは、全体的にノスタルジックで哀調を帯びたメロディがゲームの雰囲気と合っていて、とても素敵です♪

あと、プロフィール欄で声優さんのインタビューが2種類ずつ聴ける他、コンタクトハートシステムで集めたキャラボイスが各キャラ4種類ずつ聴けるのも楽しみの一つです。
アイテムコンプすると、更におまけのイベントもあって、サービス満点です。

さて、次はニコール狙いで3周目行ってみます♪o(^-^)o

なお、メディシスEDの選択肢を【記録に挑戦!☆携帯版】にUPしました。

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 16:47 | comments(0) | - |
【デス・コネクション】ハッピーだけどちょっぴり切ないヴィシャスED♪(ネタバレ注意)
(注:『CERO』について一部修正&追記しました)

ようやく【デス・コネクション】PS2版の初回プレイを終え、無事ヴィシャス(CV:鈴木達央さん)EDを迎える事が出来ました♪
初回クリアに要した時間は、じっくりプレイで約15時間程でしたので、【薄桜鬼】と同じ位かと。
私的には充分満足出来るボリュームがありました。

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
シナリオは最後までハラハラドキドキで楽しめましたし、終盤は切なさも相俟ってなかなか感動的なエンディングでした。
序章-4章までが共通ルートで、5-7章がルチアーノ(CV:森川智之さん)との二人ルート、そして8-10章がヴィシャスルートという構成で、序章+全10章でした。

ヴィシャスは主人公と同じ17歳(但し享年^^;)という設定で、不器用な二人の初々しい恋物語が展開します。
ストリートチルドレンだったヴィシャスは、女性経験はあっても恋の経験はなくて……。
アメリアの扱い方が分からず悩むヴィシャスの様子とか、文字通りのツンデレ振りや照れる立ち絵の表情変化なども含めて、ヴィシャスならではのストーリーが楽しめました。
最後はハッピーエンドでホッと胸を撫で下ろし、でも切なさもあって納得の行く内容でした。

一つだけ、死神で鏡に映らない存在なのに、子供が出来るというのは矛盾しているような気もしますが、天使の対極にある存在だと思えば納得出来るかも?^^;
只の死者でなく『死神』という処がミソ?

ジャンの正体は想定の範囲内でしたが、『邪悪な存在』という訳でもなく『善悪を超越した存在』みたいですね。

『CERO:C(15歳以上対象)』なのはマフィアの銃撃シーンがあるからかと思ったら、パッケージには拳銃マークがなくてビックリ。
そう言えば、【薄桜鬼】のような血塗れスチルとかもありませんでした。
銃撃音もチャチだし^^;
どうやら、所謂朝チュンシーンのせい?
あと、今作は大人っぽいセリフも多かったような。
でも、朝チュンシーンなら『CERO:B』の【ワンド オブ フォーチュン】にもあったなぁ
……さり気なかったけど(^-^;
やたらと出てくる攻略キャラのセミ○ードスチルのせいかとも思ったら、『CERO:B』の【緋色の欠片】にもあったし^^;
『CERO』の審査基準ってやっぱり謎です。

シナリオ途中で『コンタクトハートシステム』なるものが登場するんですが、これはカーソルの形が変わる位置で[○]ボタンを押すと、キャラボイスやラフ画などをGET出来るというミニゲームです。
が、使われているスチルにセミ○ードが多いので、ちょっと【フルハウスキス】や【DUEL LOVE】を連想してしまいました^^;
(【DUEL LOVE】は未プレイだし、【フルキス】は序盤で挫折したので、雑誌情報になりますが)

ニンテンドーDS版のゲームにありがちなシステムなので、将来DSに移植予定なのかなぁ?とも思いましたが、私的にはこういうタッチ系のミニゲームには抵抗があります。
(でも、世間的には需要が多いのかなぁ?)
せめて絵合わせパズルとかにしてくれれば良かったのに。

スタッフロールを見たら、企画&ディレクションが【神代學園幻光録】のディレクター大宮園子氏でした。
今作は(今の処)誤字脱字やバグもないし、シナリオのボリュームも充分あるし、魅力的なキャラが揃っています。
個別ルートに入ってからのスチルに何枚か微妙なのがあった点が残念でしたが、総合的に見れば良作だと思います。

さて、2周目は金髪の策士メディシス(CV:興津和幸さん)狙いで行ってみようかと思います♪

なお、ヴィシャスEDのプレイメモ(選択肢/攻略情報)を別ブログ【記録に挑戦!☆携帯版】にUPしました。

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 11:01 | comments(0) | - |
【デス・コネクション】期待以上に面白いです♪(ネタバレ注意)
予約していた【デス・コネクション】PS2版が届いたので、只今9F攻略中の【ダテガメ】DS版のプレイを一時中断し、早速【デスコネ】をプレイ開始しました♪

デス・コネクション(通常版)
デス・コネクション(通常版)
先ず、オープニングムービーはレトロな雰囲気&洒落たイメージでなかなか素敵です♪
システムは、高速既読&未読スキップやバックログ&巻き戻し等はいつも通りで至って快適なんですが、【S.Y.K~新説西遊記~】同様にクイックセーブ&ロードで一々確認が入るので『クイック』ではなくなり、その点だけちょっとイライラさせられます。
セーブはいつも通りの12箇所で、勿論全然足りません(+_+)
せめてこの3倍は欲しいですね。

グラフィックはとても綺麗で、立ち絵&スチル共に満足しています♪
シナリオは【悠久ノ桜】の高木亜由美氏で、現在ヴィシャス&ルチアーノルートの7章プレイ中ですが、ここまでで約12時間掛かっています。
誤字脱字等もありませんし、かなり面白くて惹き込まれるシナリオです。

キャラはどのキャラも魅力的で、プレイ前はそれ程でもなかったメディシス(CV:興津和幸さん)がかなり気に入っている他、謎の男ジャンも渋い声&妖しい魅力で気になっています♪
ジャンも攻略出来ないかなぁ……?(^-^;

勿論、ツンデレ・ヴィシャス(CV:鈴木達央さん)や義妹を溺愛するヨシュア(CV:堀江一眞さん)も素敵です。
ヨシュアは櫻井孝宏さん系のボイスで、意外と(?)可愛いです(笑)
グロリア(CV:安元洋貴さん)は低音ボイスがとても素敵で、【プリンセス・ナイトメア】のメフィストを想い出しました。
レオナルド(CV:岡本信彦さん)は年下キャラだけどしっかりしていて、独特の喋り方もあってちょっとクールな処が意外でいいです♪
ニコール(CV:川田紳司さん)もいい味出してますが、私はニコラスの方が気になるかも。
ルチアーノ(CV:森川智之さん)はナンパ系で掴み所のない感じです。

あと、サブキャラのマフィアの女ボス・セルビア(CV:真木碧さん)もかなり喋っていて、存在感があります。
真木さんは【転生學園幻蒼録】PS2版の呉梨華先生役や【神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK】Windows版のサジ・シェリカ役も演じておられましたけど、セルビアみたいな気っ風がいい姐御肌の女性役がお得意なのかな?と感じました。
乙女ゲームでは【カレと彼の間でDX版】Win版にも出ておられましたっけ。

総じて、どのキャラもプレイ前の印象よりかなり良くて気に入りました♪
キャラ同士の掛け合いも楽しいし、主人公アメリアも純粋培養の箱入り娘といったイメージで嫌味がなくていい感じです。

今の処難点は、デフォルト名でプレイしても名前を呼んで貰えないのと、名前部分の音声の空白が不自然な事でしょうか。
主人公名がかなり頻繁に出て来るので、『名前+助詞』だけ無音なのが凄い気になります。
せめて他の作品のように、代名詞で置き換えて欲しかったですね。

後は、メッセージウィンドウのフォントは読み易くていいんですけど、場面転換で表示される地の文のフォントが小さくて読み難いのがちょっと気になりました。

さて、まだ7章途中で先が気になるので、続きをプレイして来ます♪o(^-^)o

JUGEMテーマ:ゲーム
| 【デス・コネクション】 | 12:54 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |